スーパーで買えるドイツの食べ物おいしい?おいしくない?の話【保存版】

ドイツ暮らし

この記事では、ドイツにしかないもので、スーパーで買って食べてみたものを食材ごとにまとめて書いていきます。

こちらの記事は随時更新予定です!

野菜

コールラビ
(Kohlrabi)
・生食OK
・漬物でも味噌汁でも、和食によく合います。
・食感は大根に似ていて、味は薄いブロッコリーの茎、といった感じです。
フェルトザラート(Feldsalat)・生食OK
・若干の滑りがある、あまり癖のない葉っぱです。
ルッコラより癖がないので、子どもも食べてくれます。
ブラットパプリカ
(Bratpaprika)
・ししとうみたいな見た目に誘われて食べてみたら、ししとうでした!
・辛いのがほとんど(3袋で1本くらいの割合、辛くてもししとうほどではない)入っていないです。
・ししとうと同じ調理法で美味しく食べられます。
スピッツパプリカ
(Spitzpaprika)
・パプリカよりも肉薄で歯応えはピーマンに近い。
・味は甘さが少し強いパプリカ。
・肉詰めにしやすいです。
スピッツコール
(Spitzkohl)
・日本のキャベツよりも柔らかく、ほぼ同じ味のキャベツ。
・いつものキャベツと同じように使えます。
ヴァイスコール
(Weißkohl)
・見た目はまんまるなキャベツですが、葉っぱがかなり固い。
・煮ても焼いても固いですが、ドイツの方の漬物用だそう。
日本のキャベツが欲しい方は、スピッツコール(Spitzkohl)を買ってください。
白アスパラガス
(Spargel weiß)
・ドイツの方も日本人もこよなく愛するドイツ野菜。
・茹でて簡単にマヨネーズ、オリーブオイルに塩、オランデーズソースでも美味しい春の野菜です。
ポテトサラダ
(Kartoffel Salat)
・ポテトサラダでしょと思って食べると日本のとは少し違います。
・味は、ニシンのサワークリーム和えに似ている、サワークリームベースの味です。
・チルドコーナーでパック売りされているので、作るの面倒くさい時にちょっと買うと気持ちが楽になります。

フルーツ

ハニーメロン
(Honigmelone)
・甘くて美味しい!
・味は薄めのメロンです。
・日本でも食べたことのある味(何の味か分かりませんが)。。
ブラックベリー
(Blackbeere)
・日本にもあるかもしれないですが、私はドイツで初めて食べました。
・そこまで甘さは強くなく、ベリー系の味で美味しいです。
・食感も見た目も独特なので、うちの子どもには不人気。
西洋スモモ
(Zwetschgen)
・ドイツの方に教えてもらったのですが、ほどよい酸味でとっても美味しい!
・味は日本のスモモと変わらないと思います。
赤すぐり
(Johannisbeeren)
・生食できますがすっぱい!
あとトマトみたいな種が入っていて気になります。
・ドイツの方は砂糖をかけて食べたりするようですが、ジャムに加工する(種は裏漉しして取り除く)と美味しかった!

七面鳥
(Pute)
・夫に買い物を頼んだら、鶏肉と間違って買ってきたのですが、食べてみたら鶏肉より好きでした。
・味は鶏肉より肉感が強く、歯応えはシャキシャキとした感じです。
・全ての鶏肉料理に、鶏肉の代わりに使えますので、安い方を買っても良いと思います。 
白ウインナー
(Weiß Wurst)
・チルドコーナーにあるタイプの白ウインナー。
食べ方が独特で、お湯を沸かしたら火を止めて、その中にウインナーを入れて10分ほど待つ。
食べる時は、皮を剥がして中だけ食べます。マスタードと一緒に食べるようです。
・皮まで食べてしまっていた時はイマイチだなと思っていましたが、皮を剥がすと美味しいです。柔らかいので、子どもウケがいいです!

ニシンのサワークリーム和え
(Heringfilets,Herindhappenなど)
・ドイツの方に教えてもらったものの一つ
・スーパーのチルドコーナーや鮮魚コーナーにある、生のニシンの酢漬けをサワークリームで和えたもの
・クセの少なそうな、きゅうりや玉ねぎ入りのものを選ぶと食べやすいです。
・ディルがたっぷり入っていて爽やかな味なので、パンに載せたり、ドイツの定番は茹でたじゃがいもに和える、だそうです。
鯖の燻製
(Geräucherter Makrele)
・鯖を燻製したもので、チルドコーナーにパック詰めや、カウンターで丸ごと1匹買ったりできます。
・そのまま焼いて、ご飯にもめちゃくちゃ合います。
・結構しょっぱいので、身をほぐしてパスタの味付けに使ったり、酢飯にきゅうりと胡麻と混ぜて混ぜ寿司にすると、子どもメニューに最適です。
カレイの燻製
(Geräucherter Scholle)
・鯖と同様、焼くだけでご飯のおかずになります。
・鯖よりも油が多いので、アレンジするよりそのまま食べた方が良さそうです。

乳製品

バターミルク
(Buttermilch)
・栄養豊富と聞いたので飲んでみましたが、酸っぱい!私はダメでした。
・後でドイツの方に確認すると、Natur(プレーン味)はきついから、フルーツが入ってるものにしなさい、と言われました。
アイラン
(Ayran)
急いで牛乳を買ったら間違えたのですが、ヨーグルトドリンクですごく美味しい(ただし、どちらかというと塩味)です。
・トルコの飲み物のようです。
・さっぱりしているので、朝でもグビグビいけますし、カレーのお供にも良いです。
アクティメル
(Actymel)
・味は飲むヨーグルトなので、ヤクルトとは違います。
・ビタミンDが含まれているので、冬にいいですね。
Fruchtzwerge・味はチーズデザートのような、ヨーグルトよりもコクがある感じです。
・恐らく日本のダノンヨーグルトと同じ?かな?
・子どものビタミンD補助として、よく買います。

まとめ

いかがでしたか?

まだまだ食べたことのないものの方が多いので、これからも、食べた物を随時更新していきます!

タイトルとURLをコピーしました