AirPods Pro 第2世代 – 3ヶ月使用レビュー –

Apple

年明けにAirPods Proを購入し、ほぼ毎日使用しています。
3ヶ月ほど経ちましたので、中期レビューをします。

なお、購入直後のレビューはnoteにあります。

元々カナル式は苦手、耳の不調を機に買い替え

私自身、昔からカナル式のイヤホンは苦手で、
実際、AirPods Pro購入前も、通常盤のAirPods 第3世代を使用していました。

それに特段の不満があったわけではないのですが、
耳の不調を感じるようになり、イヤホンを買い替えることにしました。

不調というのも、
耳鳴り、耳の閉塞感を日常的に感じるようになったので、耳鼻科に行きました。
結局原因は耳垢の詰まりだったのですが、
仕事で四六時中イヤホンを付けているので、
もう少し音量に気を配らないといけないな…と感じたのが、買い替えのきっかけでした。

3ヶ月使って気付いたメリット

特有の耳の違和感は少ない

カナル式を使うといつも耳が痛くなってしまうのですが、AirPods Proは違いました。
イヤーチップが耳にフィットしているのに、窮屈な圧迫感がなく、
長時間の使用でも疲れにくいです。

イヤーチップの装着感はiPhoneで確認できます。
私の場合、左だけ耳が小さいらしく、
しばらくするとスーッと外れてくる感覚があり、
テストでも左だけフィットしていないという結果になりました。

そのため、右は元々装着されているMサイズ、左は1つ小さいSサイズを使用しています。
違うサイズを使用しても、フィットしているので違和感はありません。

ノイズキャンセリングは最高

ファーストインプレッションでも驚きましたが、
ノイズキャンセリング機能はしばらく使っていても最高に便利でした。

職場でのウェブ会議でも、
向かいに同僚が座っていたり、事務所横で延々道路工事が続いていますが、
周りの音をほとんど感じることなく、集中して仕事ができます。
むやみに音量を上げなくていいのが非常にいいです。
(流石に会話されると聞こえますが、それでも音量は小さくなります)

また、電車での移動など外出した時にも、
周囲の騒音を軽減してくれるため、音楽やポッドキャストを楽しむことができます。
特にドイツのU-Bahnはあまりにも走行音がうるさいので、重宝しています。

Apple同士の連携が最高

仕事でMac、個人でiPhoneとiPad miniを持っていますが、
AirPods Proを耳に付けると、最後に接続したデバイスに自動接続されます。
ここまでは当たり前ですが、
例えばiPhoneに繋がっていても、Macに「繋ぎますか?」という趣旨の通知が出ます。
このように、マルチペアリングになっているので、切り替えが非常にスムーズです。

さらに実例で言うと、
MacのZOOMミーティングで使い、その後すぐiPhoneにFaceTime Audioの着信が入っても、
そのままAirPods Proを外さず、通話を開始できます。
もちろんこの時Macにも着信していますが、
iPhoneで応答すれば、その瞬間にiPhoneに接続が切り替わります。
この辺りの連携は他所では真似できないなぁと感じるところです。

音質も良好

音質にあまりうるさいタイプではありませんが、
普段カーオーディオで音楽やポッドキャストを聴いている時には聞こえない、
細部までよく聴こえます(あたりまえだ)。

逆にSpotify無料版の音質の悪さが目立ちます。
ハイハットがシャリシャリいうのが気になる。

3ヶ月使って気付いたデメリット

イヤーチップが汚れやすい

イヤーチップには汚れがつきやすく、使うたびに簡単にですが手入れが必要です。
ノイズキャンセリングを使用するゆえ、周りの音をカットするために、
イヤーチップがしっかりと耳に密着するので、致し方ないところです。

ノイズキャンセリング特有の圧迫感

ノイズキャンセリングをオンにしていると、グッと圧迫感を感じます
使用しているとそこまで気にならないのですが、
静かなところで使うほど、圧迫感を感じます。
妻はこの圧迫感が気持ち悪いと言っていました。

音量調整はし易くはない

第2世代でいわゆるうどん部分のスワイプで音量調整ができるようになりました。
これまではiPhoneで直接音量調整したり、Apple WatchのDigital Crownを回したりでした。

確かに他のデバイスが不要なのはいいのですが、
いかにうどんをいい塩梅でスワイプするか、という加減が難しい
押すと再生停止ですし、外れないように操作が必要。
頻度は多くないので、そこまで困りませんが、自動音量調整などしたいところです。

総じて良い、飛行機での使用が楽しみ

メリット、デメリットを挙げましたが、総じて満足しています。
ノイズキャンセリングを一度知ると、戻れないなと感じています。

最後に、AirPods Proの飛行機での使用についても触れておきます。
飛行機では、飛行中のエンジン音や周りの騒音が非常に大きくなりますが、
AirPods Proのノイズキャンセリング機能を使用すれば、騒音を軽減することができます(はず)。

とはいえ、購入から飛行機に乗る機会がなかったので試せていません。
今月から毎月出張が待っているので、どんどん使って、使用感をまた報告できればと考えています。

お読みいただきありがとうございます!

(アイキャッチ画像:使用モデル Chilled remix)

タイトルとURLをコピーしました