【1泊2日・ドイツ子連れ旅行】ブレーメンとヴァルスローデ花鳥園(デュッセルドルフ発)

おでかけモデルコース(デュッセルドルフ発)

今回は、ブレーメンとヴァルスローデ花鳥園(WeltVogelParkWalsrode)へ行った時のことをレビューします。

この記事では、私たちが実際に行ったお出かけをモデルコースとして紹介していきます。

⚪︎デュッセルドルフから車を利用

⚪︎無理はできない2人の子連れ(ちびっこ)

⚪︎できるところはとにかく節約していく

という、ツアー内容です。

行った時期と服装

・時期 8月上旬

・服装 家族全員半袖(1日目のみ、軽く羽織ものあり)

行程

1日目9:00出発2日目9:30ホテル出発
 12:30ブレーメン到着 9:45鳥園到着
 12:45昼食 13:00鳥園で昼食
 14:00観光へ 16:00鳥園出発
 15:30ブレーメン出発 20:00帰宅
  ↓途中買い物しています   
 17:30ホテル到着   
 18:00ホテルで夕食   

昼食場所から観光・市庁舎前広場

ブレーメンまでは3時間半かかるので、到着してすぐに、昼食にしました。

今回は、こちらのお店にしました↓

Startseite - Q Gastro & Events

 写真のハンバーガーがキッズバーガーなのですが、夫が頼んだ大人用とほぼ変わらない大きさでボリューム満点!(なので頼み過ぎに注意が必要です。)

 店員さんも皆さん優しかったですし、お手洗いにおむつ替えシートがあったのがとても助かりました。

 ゆったりと1時間滞在して、やっと観光へ向かいます。

 ⭐️市庁舎の歴史あるレストラン・こちらもおすすめです⭐️

ブレーメンの街はメルヘン街道なだけあって、すごくかわいいです!

市庁舎前広場は人がたくさんいて賑わっていました。

これが、市庁舎前広場の地面にひっそりとあるマンホールです。

硬貨を入れると、ブレーメンの音楽隊の鳴き声が聞こえます。

思いのほか人が集まっていなかったので、見逃さないようにしてください。

ブレーメンの音楽隊の銅像は、建物脇にあります。

思っていたより小さいですが、こちらは写真を撮る人の列ができているのでわかりやすいかと思います。

ロバの足を触るといいことがある、と言うので足がツルツルになっています。

観光・シュノーア地区

ブレーメンには、シュノーア地区という古い住宅街があります。

市庁舎前広場から徒歩10分程度で、シュノーアこちら、という目印が所々に出てきます。

シュノーア地区は、メルヘンを凝縮したような街並みで、歩いているだけでウキウキしてきます。

写真もたくさん撮ってしまいます。

シュノーア地区で人気なのが、このかわいいロゴが目印の手作り飴屋さんです。

店内はいいにおいが充満していて、幸せな気分になります。

手作りの飴がWECKの容器に入って売られていて、容器は家で使えますしお土産にもいいと思います。

⭐️ブレーメン科学博物館・観光にこちらもおすすめです⭐️

ホテルへ

一通り観光した後、鳥園近くのホテルへ向かいます。

今回宿泊したのが、こちらのホテルです↓

レストランは別棟で移動が必要ですが、小さな公園がホテルの横にあり、子どもを遊ばせることができて助かりました。

必要最低限なものは揃っているホテルです。

⭐️こちらのホテルからは、ハイドパークも近いのでおすすめです⭐️

ヴァルスローデ花鳥園

翌日は、ホテルで朝食を済ませてから、花鳥園へ向かいます。

ホテルから、花鳥園までは車で10分程度ですので、遅く起きても花鳥園には朝一番に到着することができ便利です。

花鳥園については、こちらの記事をご覧ください↓

まとめ

いかがでしたか?

1泊2日の旅行ですが、運動量が多く、ボリュームのある内容になっています。

ブレーメンは絵本の舞台でもあり、メルヘンな街並みがとても素敵でした。

花鳥園は広々としていて芝生が美しく、青空の下でとても清々しい気分を味わえます。

このお出かけが、どなたかの参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました